ルーズベルト米大統領を殺し、米ソ冷戦構造をつくった「迷信」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルーズベルト米大統領を殺し、米ソ冷戦構造をつくった「迷信」とは?
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 1945年4月12日、米国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトは高血圧性脳出血で倒れ、帰らぬ人となった。戦時中の例外措置として、4期目の米大統領を務め始めてから4カ月目のことであった。 当日の彼の血圧は300/190mmHg。最高血圧は1年前から200mmHgを超えていた。主治医はなぜ血圧を下げなか...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア