マイク・ダウドという最凶の男 ― 米国史上最悪の警官が築いた「ドラッグ帝国」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイク・ダウドという最凶の男 ― 米国史上最悪の警官が築いた「ドラッグ帝国」
 アル・パチーノ主演、シドニー・ルメット監督で1973年に公開された映画『セルピコ』は、警察組織の汚職に立ち向かう、正義感の強い警察官が主役だ。これは実話を元にしたノンフィクション作品であり、実在のセルピコは、警察の汚職を告発した人物として、アメリカではその名が知られている。 しかし、このセルピコとは全く逆に、史上最悪のダーティー・コップとして知られた人物がいる。男の名前はマイク・ダウド。...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア