我欲の欲するままに男を殺し続けた「明治の毒婦」、高橋お伝の墓に参拝客が絶えない本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
我欲の欲するままに男を殺し続けた「明治の毒婦」、高橋お伝の墓に参拝客が絶えない本当の理由
 時代劇を見ていると、しばしば、奉行所の白州に引き出された罪人が、「打ち首獄門」を申し渡されるシーンに出くわす。この「打ち首獄門」とは、文字通り、日本刀でその首を切断し、処刑する刑罰のことだ。さらにその後、落とされた首を市中に晒して見せしめにするという内容のものであった。 実はそんな「打ち首」の刑に、諸説はあるものの、日本最後に処されたとされるのが「明治の毒婦」として名高い高橋お伝(185...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア