年間1000人が斬首され、その骸が出土した“死臭がした場所”=小塚原刑場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年間1000人が斬首され、その骸が出土した“死臭がした場所”=小塚原刑場
 1958年にラジオ東京テレビが制作したテレビドラマ『私は貝になりたい』で、フランキー堺演じる主人公の清水豊松は、戦時中に一兵卒として従軍したことをキッカケに、そのエンディングで絞首刑になる悲劇的な最期を迎えた。 だが現在においてもポピュラーなスタイルとなっているこうした絞首刑は、こと日本に限って言うと歴史的に見ればそれほどたくさんは行われていない。たとえば江戸期においても、絞首刑は庶民用...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア