絶命した朝鮮人労働者たちの声なき声 ― 異様な冷気に満ちた「吉見百穴」、もうひとつの顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶命した朝鮮人労働者たちの声なき声 ― 異様な冷気に満ちた「吉見百穴」、もうひとつの顔
 前回、ヒカリゴケの自生とコロポックル説という、ふたつの「奇妙な北海道と縁」についてご紹介した吉見百穴(埼玉県)。しかしこの地には、もうひとつ別の顔が存在している。それは、今なお残る太平洋戦争時の忌まわしき爪痕、すなわち戦史遺構としての側面だ。 実は前回ご紹介した集合墳墓跡と思しき横穴群とは別に、この一帯には、大規模な掘削痕が存在する。これらのトンネルは、かつてこの地に計画されようとしてい...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア