見ているだけで鬱になる絵 ― “不気味な水平線”を追い求めたトワイヤンの根暗すぎる世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見ているだけで鬱になる絵 ― “不気味な水平線”を追い求めたトワイヤンの根暗すぎる世界
【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュルレアリスム、その後~】――マルキ・ド・サド、そして数多くの幻想芸術……。フランス文学者・澁澤龍彦が残した功績は大きい。没後20年以上たったいま、偉大な先人に敬意を払いつつ、取りこぼした異端について調査を進める――。 たしか学生時代のことだったと思うが、1冊の本を買った。タイトルは『Les Grandes figures du S...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア