“壮絶ないじめ”が原因で多重人格に ― 13の人格をもつ“感情書道家”が語る「心の痛みと書道」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“壮絶ないじめ”が原因で多重人格に ― 13の人格をもつ“感情書道家”が語る「心の痛みと書道」
 感情書道家――そんな“職業”をご存知だろうか。<外の痛みから守り、思いやりを持って、たくさんの人に愛情を投げかけるように書道で表現する> 紫流さんはそんな存在だ。作品を売ったり、看板にロゴの字を書いたりしている。■ずっといじめられっ子だった 書道は幼くして始めた。3、4歳のころにはコンクールに出ていた。紫流「幼稚園のとき、出張で書道の先生が来ていたことで興味を持ち、...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア