韓国を崩壊させる「有銭無罪・無銭有罪」文化と、若者たちの“冷ややか”目線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国を崩壊させる「有銭無罪・無銭有罪」文化と、若者たちの“冷ややか”目線
【日刊サイゾーより】 日本には「地獄の沙汰も金次第」ということわざがあるが、隣国・韓国には「有銭無罪・無銭有罪」ということわざがある。これは“現世”において、お金があれば罪を免れ、お金がなければ罪になるという意味だ。 韓国の政治家や財閥関係者、公職者など権力者の間では、罪を犯しても、お金の力で免れようとする、また免れることができる風潮がある。どれくらいひどいのか、ひとつひとつ例を挙げて...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア