全裸になり、自分を燃やし、糞を塗る ― 美しくも不穏な写真家・菱沼勇夫がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全裸になり、自分を燃やし、糞を塗る  ― 美しくも不穏な写真家・菱沼勇夫がヤバすぎる!
 昨年5月に1冊めの写真集『Let Me Out』を発表した写真家・菱沼勇夫。2010年から2013年にかけて撮影された写真はどれも静謐な美しさを湛えながらも一見不可解で不穏。まるで見てはいけないものを目の前に突きつけられたような衝撃と、居心地の悪さを感じさせる。 6月9日より東京・六本木のアクシスギャラリーで開催される「AXISフォトマルシェ3」に出品予定の菱沼に、作品集『Let Me...

    今月のフォト

    【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら