愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生誕から事件、余生までの足跡を訪ねて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生誕から事件、余生までの足跡を訪ねて
【ニコニコチャンネルでの掲載が開始された日本初のダークツリーリズム専門誌『DARKtoursim JAPAN』がおくる、蠱惑のフォト・ダークツーリズム】 純愛が極限まで高まったその果てに、愛人を殺害して男根を切り落とした女がいた。幾多の映画や小説にもなった、阿部定である。狂気と波乱に満ちた彼女の人生を辿った――。■15年にわたって彷徨った流浪の女 東京千代田区神田多町。現...

    今月のフォト

    写真家・中筋純が撮り続ける「原発事故」の真実! 時間が止まった街が廃墟化する過程…現在の福島は日本の未来の姿だ!

    母の自殺、メンヘラ、心霊、寺の鐘…負の力を創作エネルギーに昇華する「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら