愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生誕から事件、余生までの足跡を訪ねて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生誕から事件、余生までの足跡を訪ねて
【ニコニコチャンネルでの掲載が開始された日本初のダークツリーリズム専門誌『DARKtoursim JAPAN』がおくる、蠱惑のフォト・ダークツーリズム】 純愛が極限まで高まったその果てに、愛人を殺害して男根を切り落とした女がいた。幾多の映画や小説にもなった、阿部定である。狂気と波乱に満ちた彼女の人生を辿った――。■15年にわたって彷徨った流浪の女 東京千代田区神田多町。現...

    今月のフォト

    ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

    【取材】巨乳ポルノ女優の強烈アート、実在ナチスのメンバー&発禁本神殿…! 5年に1度のドイツ国際美術展「ドクメンタ14」が激アツ!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら