体が勝手に踊り出して死ぬ「ハンチントン病」 ― 冥界へといざなう“絶望の舞踏”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体が勝手に踊り出して死ぬ「ハンチントン病」 ― 冥界へといざなう“絶望の舞踏”とは?
 1930~40年代に活躍したフォーク歌手、ウディ・ガスリー。貧困や差別といった労働者の悲哀を歌い、あのボブ・ディランにも多大な影響を与えた偉大なアーティストだ。1940年代後半に健康状態を悪化させてしまった彼は、1954年に「ハンチントン病」と診断され、それから13年後、1967年10月3日にニューヨーク市クイーンズ区のクリードムーア精神病院で死去した。 このウディ・ガスリーの死因となっ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア