男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー
 北陸新幹線の現終着駅である金沢より2駅東京側。富山駅を擁する富山市で、己のリビドーをカンバスにぶちまけ続けている若き美術家がいる。牧田恵実(1991年富山県生まれ富山市在住)だ。 牧田の作品を目の前にすると、地獄が現世にはみ出しているような印象を受ける。それは日本の“賽の河原”のような牧歌的なものではなく、どちらかと言えば“カタストロフィ”のような破滅的なパワーである。 真っ赤な...

    今月のフォト

    ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

    【取材】巨乳ポルノ女優の強烈アート、実在ナチスのメンバー&発禁本神殿…! 5年に1度のドイツ国際美術展「ドクメンタ14」が激アツ!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら