【画像アリ】研究者がやっと発見した第2の地球「プロキシマb」、実は60年前にオカルト界は現地宇宙人らと接触していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【画像アリ】研究者がやっと発見した第2の地球「プロキシマb」、実は60年前にオカルト界は現地宇宙人らと接触していた!
 今週、ヨーロッパ南天天文台が我々の住む地球に最も近い恒星であるプロキシマ・ケンタウリを周回する「プロキシマb」を発見した。第2の地球ともいわれ、大きな話題を呼んでいるが、UFO研究家らも別の角度から熱い視線を向けているという。なんと、「プロキシマb」に身長8フィート(約243cm)の宇宙人が居住している可能性があるというのだ。■「プロキシマb」に住まう“カマキリ顔”宇宙人 遡る...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア