ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノストラダムスの予言「アンゴルモアの大王」とは結局何だったのか? 意外すぎる正体がついに判明!?
 世界一有名な予言者と称しても差し支えないのが16世紀フランスのノストラダムスだが、その彼のもっとも有名な予言といえば、やはり次の4行詩ではないだろうか。  1999年、7か月、  空から恐怖の大王が来るだろう、  アングーモワの大王を蘇らせるために。  その前後、マルスは幸運によって統治するだろう。  (百詩篇集 第10巻72番 山津寿丸氏訳) この予言のおかげで、「...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア