【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実
 1991年春。犯罪率が低い国として知られるオーストリアの首都ウィーンで働いていた娼婦4人が忽然と姿を消し、その後、郊外の山で遺体となって発見されるという事件が起こった。 最初に発見されたのは25歳のサビーヌ・モイッチの遺体で、5月20日にハイカーが見つけた。彼女自身がはいていた下着で首を絞められ、うつ伏せで足を大きく広げられた屈辱的な姿だった。その3日後、別のハイカーにより、カリン・エロ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?