【ノーベル賞】不食人間とはオートファジーが超活発なニュータイプか!? 科学ライターが解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ノーベル賞】不食人間とはオートファジーが超活発なニュータイプか!? 科学ライターが解説!
 今年のノーベル医学・生理学賞を授与された東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)。その受賞理由は、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を分解してリサイクルする“自食作用”、すなわち「オートファジー」という仕組みを解明した功績によるものだ。このオートファジーは、細胞内に侵入した不要な物質や有害物質、病原菌などを分解し、細胞を防御する役割も果たしていることが解明されたというが……。 前回の記...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア