謎多き画家フェルメールの絵が質素で静かな理由とは? 実は描かれていた「その先の世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
謎多き画家フェルメールの絵が質素で静かな理由とは? 実は描かれていた「その先の世界」
――エカキで作家・マンガ家、旅人でもある小暮満寿雄が世界のアートのコネタ・裏話をお届けする! 日本にはルーヴル美術館や大英博物館ほど世界的に名の知れた美術館はない。しかし、集客力という面でいえば、日本で行われる展覧会は、入場者数が世界有数なのだそうだ。東京都美術館で開催された「生誕300年記念 若冲展」の混雑ぶりも記憶に新しい。ところが近年になって人気が急上昇した画家の筆頭は、あのヨハネス・...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア