「時間は実在しない。幻想である」物理学者2人が“時間の定義”を完全に覆す理論を提唱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tesseract_03.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 我々は1日中時間に追われて生活している。ある作業に極度に集中して時間を忘れることもあるが、それも永遠には続かない。カレンダーや時計など時間を告げる道具がなければ、日常生活に支障をきたす人がほとんどだろう。出席したくない会議やテストが目前に迫っている時など、「時間が止まればいいのに」と願っても、時間は無常に経過し、(生きている限り)必ずその時はやってくる。いくらあがこうとも人間は時間の奴隷でしかない、そんな絶望を感じるほど時間は我々にとって絶対的だ。しかし今回、物理学者が、時間は実在しないことを理論的に証明してしまったという驚きのニュースが舞い込んできた!


■時間は実在しない

 英紙「Express」(12月3日付)によると、世界的に著名な2人の物理学者が、時間は実在せず、人間の幻想に過ぎないと主張しているという。我々にとって時間はあまりにも当たり前すぎて、その存在を疑うことさえ困難であるが、一体どうして彼らは時間が実在しないと言うのだろうか?

 本題に入る前に、まずは我々が知っている日常的な時間について考えてみよう。いうまでもないことだが、1度起きてしまった出来事は取り戻すことができない。時間を巻き戻して、やり直すことはできないのだ。なぜだか理由は分からないが、時間とは非―対称的なもので、矢のように一定方向にしか進まず、元に戻ることがないという奇妙な性質を持っている。

tesseract_08.jpg
画像は「Express」より引用

 しかし、物理学においては、時間は未来にも過去にも自在に進むことができる対称性を備えているという。ちょうど映像を逆再生するように時間を遡ることがあっても良いと考えるわけだ。そのため物理学では、膨張する宇宙が時間を遡って収縮してしまう「ビッグクランチ」を想定することが可能となる。むしろ一部の物理学者にとっては、時間を一定方向に進む矢のように非―対照的だとみなすことの方が理解しがたいという。では、彼らが考える時間の本質とは一体何なのだろうか? 2人の物理学者が「ブロック宇宙論」と「現在主義」という異なる立場から時間の非—実在を説明している。

pickup

人気記事ランキング

コメント

12:ふう

空間と時間をいっしょくたみたいに時空と言葉付けをすること、時間の意味が不明という証拠
概念があるので時間は存在する
概念があるものは全て存在しているのか
経過しない時間とは、そこに時間はあるのか

2017年11月11日 16:56 | 返信
11:匿名

ゼノンのパラドックス「飛ぶ矢は飛ばない」の現代版登場! はい、論破w
それにしても「幻想」そのものは、こいつらの頭ん中じゃちゃんと実在してるわけだ。
幻想が実在するのなら、たとえ幻想にすぎないとしても時間も実在する、よねwww
このライターは、実在の定義をあたかも実体として存在するものというふうに勘違い
しているようだけど、こいつの定義じゃ「真理」なんてもんは実在しないってことに
なるらしいw いま哲オタの間で流行してる思弁的実在論に傾いてますってか?
大体、ガリレオの時代じゃあるまいし地球の自転も公転も自明だろ?
日本の学者が専門バカなのは世界的に有名だけど、博士号まで持つ海外の物理学者の
中にも無教養な奴はいるってことだな。ヒッグス粒子の例もあることだし、なんか
取りあえずおもろいこと言って注目されたいって、そういうこと? ダメだこりゃw 

2017年4月25日 15:27 | 返信
10:低レベル過ぎる

あまりにも中身がない、哲学からやりなおせ

2017年1月14日 12:46 | 返信
9:匿名

仕事をしていると、毎日何時には起きて、何時にはデスクについてと分刻み。しかし、仕事を辞めて、時計とは無縁な生活を一年したけど、自分が目覚めた時間が朝であり、朝食になる。
これほど幸せな生活はなかった。
今、鉄道会社で働いているけど3分待てば次の電車が来る。実際には、遅れて団子運転だから1分くらいだが、それすら待てない。5分も遅れたら怒鳴り込んでくる。
時間の奴隷だし、一度時計なしで生活するくらいは必要だ。普段から仕事が分刻みだから休日は時計なしだ。
まずもって、寝ている間は、5分間くらいにしか感じなくても半日経ってんだ。知覚できなきゃ時間なんぞわかりゃしないのさ。ボケボケ漫然と暮らしてると人生あっと言う間に終わるぜ!

2017年1月 7日 14:03 | 返信
8:匿名

時間もまるで他の3次元と同様に扱えるかのような解説だけど、時間と空間には一つ明確な違いがある。
それは「隣接したポイントとの相関」
空間の3次元は隣接するポイントに対して何ら法則性はない。
例えば手探りで壁を伝っていったとして、10cm隣にも壁が続いているかどうかは物理法則上の関連性(規則性)はない。
一方、3次元空間を時間方向に見た場合、隣接する3次元空間の同一座標には物理法則に則った関連性がある。
これは時間と空間には明確な違いがあることの証明ではなかろうか。
時間は物理法則によって規則的に変化する空間を取りまとめる次元であり、空間とは明確に分けられる。

2016年12月19日 04:19 | 返信
7:匿名

正しくは「時間は存在するが我々の宇宙では時間は経過していない」が正解。これが世の中の常識になるまでもう少し時間(500年ほど)がかかるが、一つ言える事は、我々の宇宙(平行宇宙)は宇宙自体が光速で運動しているという事。アインシュタインの相対性理論でも光速で移動する物体の時間は経過しない。即ち、我々は時間が経過しない宇宙で暮らしている。何も難しい話ではない。

2016年12月14日 23:06 | 返信
6:匿名

時間の概念がなければ時間はない
ただそれだけじゃないのか?

2016年12月14日 15:06 | 返信
5:匿名

トカナ編集部は、締め切りをぶっちぎられても「時間なんて幻想です」で済むのか。

2016年12月14日 00:39 | 返信
4:匿名

宇宙には時間はないと言うね。
時間に縛られているのは地球だけだとか。
地球人類の今のシステム全て覆す必要があるんだと思う。
お金や働き方、政府や宗教の存在、全て。

コメにあるけど、ガンの新しい完治方法がアメリカで研究されていて2年後くらいに発表されそうなんでしょ。
近赤外線のやり方が比較的安価で完治できるとか。

2016年12月13日 23:55 | 返信
3:匿名

そんなことより、明日も仕事だ(≧∇≦)

2016年12月13日 23:00 | 返信
2:匿名

こういった研究に時間を費やすなら、癌などの病気の完治や死なないようにする事などに力をいれてほしい。そうすれば時間なんて関係ない。

2016年12月13日 22:40 | 返信
1:似非理系

なんか怖いな

2016年12月13日 18:46 | 返信

コメントする

お名前
コメント
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

写真投稿

写真の投稿はこちら