ゾンビ肉の悪夢再び……消費期限切れの肉が化学薬品で華麗に復活!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゾンビ肉の悪夢再び……消費期限切れの肉が化学薬品で華麗に復活!
【日刊サイゾーより】 2014年、米OSIグループ傘下の上海福喜食品が消費期限切れ肉をマクドナルドなどに供給していたことが露見。さらに翌年には、1970年代に生産された冷凍肉が国内で流通していたことが発覚するなど、「ゾンビ肉」問題が後を絶たない中国。今度は、火鍋によく入れられる羊肉で不祥事が起きた。「東網」(1月26日付)などによると、黒竜江省ハルビン市の九洲源食品加工廠が、消費期限が...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら