奇習! 赤ん坊の肛門をすすり、ダイレクトに糞を喰う人々 ― 滋養強壮のための神秘的「食糞習慣」=中部地方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 赤ん坊の肛門をすすり、ダイレクトに糞を喰う人々 ― 滋養強壮のための神秘的「食糞習慣」=中部地方
【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方 赤ん坊のことを示す「赤ちゃん」という言葉が、赤ん坊のする赤褐色の軟便に由来するという俗説は、昔からこの日本でまことしやかに言われ続けていることであるが、そうした事象からもわかるように、赤ん坊のする便は、かつての日本人にとって何らかの“特別な意味”を持っていたのかもしれない。「まあ、赤ん坊だろうと何だろうとただの糞ですからね、それを有難がるというのは...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら