12歳で売られ、監禁→輪姦→出産……中国農村に今なお残る「女児買い」の壮絶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12歳で売られ、監禁→輪姦→出産……中国農村に今なお残る「女児買い」の壮絶
【日刊サイゾーより】 中国では古代から「童養媳」(トンヤンシー)という習慣があった。これは、幼女を引き取り(多くの場合は、貧しい家から買い取った)、大きくなるまで育てたら、息子の嫁にするというものである。もちろん、現代は法律で禁止されているが、一部の農村ではまだ行われているようだ。 重慶市の農村出身の女性、馬泮艶(マ・ハンエン)さんは、家庭の事情で9歳の時に伯父の家で養われることになっ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら