【進化の謎】高濃度のヒ素汚染地域で、ヒ素に強い遺伝子を持つ“進化系住民”が爆誕していることが判明!=チリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【進化の謎】高濃度のヒ素汚染地域で、ヒ素に強い遺伝子を持つ“進化系住民”が爆誕していることが判明!=チリ
 南米のヒ素に汚染された水を飲用している人々の間で、なんとヒ素に強い耐性を持つ遺伝子が広がっているという。科学メディア「New Scientist」が伝えている。■アタカマ砂漠の厳しさの中で 南米のチリ、ボリビア、アルゼンチンに広がるアタカマ砂漠は、世界一乾燥している砂漠地帯である上、水源地のいくつかは高濃度のヒ素で汚染された、生命にとって極めて厳しい環境にある。とりわけ、チリ北部に位...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら