100錠以上の向精神薬、催眠薬を服用後に寒冷下で昏睡状態、まさに生死をさまよった40代の男性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100錠以上の向精神薬、催眠薬を服用後に寒冷下で昏睡状態、まさに生死をさまよった40代の男性
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 数年前の真冬に北海道で体験した出来事。 生活保護を受けていた40代男性は独居中で、2年前より統合失調症の治療のため精神科外来で向精神薬と催眠薬などの薬物を処方されていた。 ある寒い夜に自殺企図して、これらの薬(フェノバルビタールやハルシオンなどの催眠薬、テルネリンなどの向精神薬)を、貯金ならぬ貯薬して...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら