人間の肉体をたやすく両断する刀「人間無骨」― 誇るべき日本のロストテクノロジーと織田信長の家臣の逸話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間の肉体をたやすく両断する刀「人間無骨」― 誇るべき日本のロストテクノロジーと織田信長の家臣の逸話
 人間無骨(にんげんむこつ)。名前からして恐ろしげなこの武器は、戦国時代に活躍した武将「森長可(もり・ながよし)」が愛用したという業物の十文字槍(穂先、先端が十字になっている槍)です。 この物騒な名前は、一品物の刀や槍に対して、それにまつわる逸話、刻まれた銘や彫刻、見た目などから付けられる「号(ごう)」であり、人間無骨の場合はまず、穂先の首部分の表に「人間」、裏に「無骨」と彫られているため...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら