モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンスターと呼ばれた8歳少年、歪み続ける顔とイビキ ― 3000人に1人「レックリングハウゼン病」とは?
※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。 「レックリングハウゼン病(以下、NF1)」と呼ばれる、皮膚の病変を特徴とした遺伝性の疾患がある。指定難病でもあるこの病気は約3,000人に1人の割合で発症し、日本国内では推定約40,000人の患者がいるとの報告も。NF1を発症すると、神経線維腫と呼ばれる良性の腫瘍や茶色のシミが全身に現れ、中には“悪性末梢神経鞘腫瘍”と呼ば...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?