超古代文明の遺跡か、エイリアンの土木工事跡か!? 南極の氷床下に眠る“エッフェル塔級”の巨大構造物が確認される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超古代文明の遺跡か、エイリアンの土木工事跡か!? 南極の氷床下に眠る“エッフェル塔級”の巨大構造物が確認される!
 古代ギリシア時代から“未知の大陸”として、その存在が予言されていた南極大陸。この場所では近年、数多くの奇妙な物体が次々と発見されている。2012年には、ロシア国防省が南極氷底湖・ボストーク湖から“黄金の鉤十字”を発見したという衝撃的なニュースが世界を駆け巡った。氷底湖の調査を行うロシア調査団が、氷床下3,800m付近のボストーク湖内で、明らかに人工構造物と思しき、幅・高さ共に推定100m程の...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら