【社会問題】苦悶の表情で焼かれた“猿肉”を食べる! 絶滅危惧種が並ぶミハナサ族のフードマーケットとは?=インドネシア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【社会問題】苦悶の表情で焼かれた“猿肉”を食べる! 絶滅危惧種が並ぶミハナサ族のフードマーケットとは?=インドネシア
 インドネシアのスラウェシ島は美しい自然の宝庫であり、「地球規模の生物多様性重要地域の島」と評価されている。■スラウェシ島で栄える獣肉市場 北スラウェシ州に位置するトモホン市は、イスラム教が主流のインドネシアにおいて人口の大半がキリスト教という珍しい地方である。 そのトモホンの食料市場では猿、犬、巨大な蛇、コウモリが食肉として売られ、常に市民と観光客で賑わうミナハサ料理店ではこれら...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら