火星探査で発がんリスクが2倍に!宇宙線被曝による宇宙飛行士たちの健康障害が重大な難題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火星探査で発がんリスクが2倍に!宇宙線被曝による宇宙飛行士たちの健康障害が重大な難題
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 1961年4月、ロシアのユーリ・ガガーリン宇宙飛行士は、宇宙船ボストークに搭乗、「地球は青かった」の名言を残し、人類初の有人宇宙飛行を成功させる。以来56年の幾星霜……。 2016年11月現在、高度100km以上の宇宙空間から青い地球を見つめた宇宙飛行士は550人を数える。トップ3は、アメリカ338人(...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら