術中覚醒、局部に強酸ぶっかけ、勝手に膣改造も…! 実際に医師が起こした“あり得ない医療過誤”5選が恐ろしすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
術中覚醒、局部に強酸ぶっかけ、勝手に膣改造も…! 実際に医師が起こした“あり得ない医療過誤”5選が恐ろしすぎる!
 病気を患った時だけでなく、自身の健康状態を知るために医師の診察を受ける人も多いが、中には医者の誤診により重体に陥ってしまうことも……。そこで今回は、実際に発生した“起きてはならない医療過誤”5選を紹介しよう。■麻酔覚醒で自殺 米国では、年間約2万~4万人ほどの患者が被害に遭うとも言われている術中覚醒。同症状は1度の手術で、部分的に除痛を行う局所麻酔と、患者意識を消滅させる全身麻酔の...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら