蚊が吸った「血液」のDNA鑑定で犯人逮捕へ! 4兆7000億人分の1人の判定精度で犯罪抑止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
蚊が吸った「血液」のDNA鑑定で犯人逮捕へ! 4兆7000億人分の1人の判定精度で犯罪抑止
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】「蚊が出そうで蚊も出ぬ」――。要らぬ取り越し苦労はするなの戒めだ。だが、夏場の屋外の犯罪現場は、蚊がよく飛んでいるので、犯人の血液を吸っている可能性がある。蚊が犯罪現場の犯人の血液を吸い、その血液のDNA型から身元が割れたらどうだろう? 名古屋大学大学院医学系研究科の石井晃教授らの研究チームは、夏場...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら