奇習! ほぼ100%が有罪「股間マムシ」の刑に ― 村人によって行われた恐るべき“浮気裁判”の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! ほぼ100%が有罪「股間マムシ」の刑に ― 村人によって行われた恐るべき“浮気裁判”の実態
【日本奇習紀行シリーズ】近畿地方 古代社会において行われていたという「盟神探湯(くかたち)」と呼ばれる方法では、罪を犯した疑いのある者などに対して、手を熱湯の中へ入れさせ、それが爛れるかどうかで正邪の判定を下したと言われているが、我々現代人にとっては無茶でしかないこうした判定方法というのは、意外にも長く続けられていたという。「なにせね、裁かれる場に連れてこられた時点でね、有罪で、即執行...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら