「読むだけで知覚が変わる」本がある! 哲学者・千葉雅也×俳人・北大路翼が語る“俳句と哲学”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「読むだけで知覚が変わる」本がある! 哲学者・千葉雅也×俳人・北大路翼が語る“俳句と哲学”
【俳人・北大路翼×哲学者・千葉雅也(対談)】 蒸し暑い夜、知的で詩的な対談が歌舞伎町の雑居ビルにある「砂の城」の一室で行われた。 そこにいた男のひとりは、欲望と暴力の街・新宿歌舞伎町で句作に没頭する俳人・北大路翼。天才芸術家・会田誠から譲り受けた酒場「砂の城」を拠点に俳句一家「屍派」を束ね、NHKで報じられるなど現在注目の人物。今年5月には第二句集『時の瘡蓋』を上梓し、日々、精力的に...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら