ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ人たちは縄文タトゥーをどう見たか? カウンター視点の国際芸術祭「ドクメンタ14」&ドイツで開催された『縄文族 JOMON TRIBE』展の顛末
■今年は、10年に1度の現代美術スペシャルイヤー 今年6月、オキュパイ・スクールのレギュラー講師陣によるヨーロッパ遠征合宿を決行した。2017年は、5年に一度のドクメンタ、2年に一度のヴェネチア・ビエンナーレが同時期開催される10年に一度のスペシャルイヤー。そんなタイミングで、ドイツ・フランクフルトで大島托&ケロッピー前田の『縄文族 JOMON TRIBE』展、カッセルでのサテライト『縄...

    今月のフォト

    コンゴの世界最強オシャレ集団「サプール」の男たちを徹底取材、超貴重写真多数! サプールの王と呼ばれたパパ・ウェンバも激写

    愛知県・移民流入地の激ヤバ写真集『Familia 保見団地』ー 難民、人種、外国人…これはオリンピック後の日本の姿(名越啓介インタビュー)

    愛知県の 移民流入地「保見団地」を3年間撮り続けた写真家・名越啓介! 超絶ワイルド&センチメンタルな“日本の外国”の実態(インタビュー)

    写真投稿

    写真の投稿はこちら