【民進党代表選】悪魔の契約のせい! 共産党と連携の“黒い内幕”を元公安が暴露「小沢一郎と小林節が仲介役、枝野は“革マル”と…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【民進党代表選】悪魔の契約のせい! 共産党と連携の“黒い内幕”を元公安が暴露「小沢一郎と小林節が仲介役、枝野は“革マル”と…」
 東京都議会議員選挙で都議会議席数をわずか5議席にまで減らし、壊滅的打撃を受けた民進党は、その責任を取る形で蓮舫代表が電撃辞任したことは記憶に新しい。その民進党新代表を選ぶ選挙が8月21日に告示され、枝野幸男元官房長官と前原誠司元外務大臣による一騎打ちとなったものの、選挙は一向に盛り上がらない状況で推移している。 なぜ盛り上がらないのか、元公安警察OBが驚くべき話をしてくれた。■共産...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら