早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
早期がんの場合、代替療法のみで治療するがん患者は生存率が低い
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 最初に発生した原発部位から広がっていなく限られた狭い範囲にのみある<限局性のがん>に対し、代替療法のみで治療することを選択した患者では、死亡リスクが高まる可能性のあることが新たな研究で報告された。 研究の筆頭著者である米イェール大学医学大学院、イェールがんセンターのSkyler Johnson氏は「実績...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら