【閲覧注意】まるでゾンビかミュータント… 放射線を使った恐怖の動物実験写真5! “被爆ネズミ”の変わり果てた姿に驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】まるでゾンビかミュータント… 放射線を使った恐怖の動物実験写真5! “被爆ネズミ”の変わり果てた姿に驚愕
※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。 1957年11月に公開されたドキュメンタリー映画『世界は恐怖する 死の灰の正体』で、亀井文夫監督は原水爆実験が生み出した“死の灰”の恐ろしい実態を伝えている。そこに登場するのは、放射線による実験で無残にも死んでいく動物たちの姿だ。 実験では2羽の小鳥を使い、1分間に15Sv(シーベルト)という非常に強力な放射線を...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?