手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手術中に10秒でがんを検出できる最新型のペン型診断装置を開発
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。 同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけでなく、組織検体を病理検査室に送る必要がなくなるため手術時間を短縮できる可能性があ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら