“8年間右脳だけで生きた”ハーバード大博士が激白「我々はエネルギーで繋がっていた」「ニルヴァーナを見た」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“8年間右脳だけで生きた”ハーバード大博士が激白「我々はエネルギーで繋がっていた」「ニルヴァーナを見た」
 ハーバード大博士が、脳卒中発症中に経験したとんでもないスピリチュアル体験を告白。左脳の働きが停止することで、えもいわれぬ幸福感に包まれ、悟りの境地である「ニルヴァーナ(涅槃)」が出現したというのだ!■左脳の機能停止→ニルヴァーナ体験 1996年12月10日の朝、米・ハーバード大学の神経解剖学者ジル・ボルト・テイラー女史は、脳卒中を発症。左脳の血管が破裂し、その機能を失った。世界的講...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら