【被ばく】事故で致死量の放射線を浴びても回復した“アトミックマン”の地獄の晩年! 米政府や人々の冷徹さが浮き彫りに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【被ばく】事故で致死量の放射線を浴びても回復した“アトミックマン”の地獄の晩年! 米政府や人々の冷徹さが浮き彫りに!
 現在、太平洋上での北朝鮮の水爆実験の可能性が世界を現在、脅かしている。また、放射能の恐怖を実感させられた「東海村JCO臨界事故」の被害者は、染色体破壊によりわずか数カ月で死亡している。被ばくの恐ろしさは、誰もが知るところであろう。しかし大量の放射線を浴びながら、生きながらえた奇跡の男も地球には存在する。彼は、「アトミックマン」と呼ばれた。■放射性物質の回収作業中に機器が爆発 1976年...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら