愛知県・移民流入地の激ヤバ写真集『Familia 保見団地』ー 難民、人種、外国人…これはオリンピック後の日本の姿(名越啓介インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知県・移民流入地の激ヤバ写真集『Familia 保見団地』ー 難民、人種、外国人…これはオリンピック後の日本の姿(名越啓介インタビュー)
 写真家・名越啓介の写真集『Familia 保見団地』が第29回「写真の会」賞を受賞して話題となっている。 この写真集は、約3000人のブラジル人、ペルー人、ボリビア人などが住む日本では珍しい移民の集住地区、愛知県豊田市・保見団地に住む日系外国人らの日常を活写したものだ。名越はそこに約3年間住むことで住民たちと同化し、まさに外国人の視点から日本の現実や未来の姿までを写し出さんとしてい...

    今月のフォト

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾! ロングインタビュー

    “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾作品集『father』インタビュー

    バッキバキに剥き出しの“東京”を撮る写真家・新納翔! 圧倒的な都市の“核”を捉えた写真集『PEELING CITY』を語る!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら