【天皇賞・秋】北島三郎と武豊の「まつり」ムードをブチ壊す“最大の伏兵”とは!? 大物関係者が明かす戦慄の内部情報がヤバすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【天皇賞・秋】北島三郎と武豊の「まつり」ムードをブチ壊す“最大の伏兵”とは!? 大物関係者が明かす戦慄の内部情報がヤバすぎる
 あの屈辱から4カ月――。いよいよキタサンブラックがターフに戻ってくる。ここまで現役最多となる13億4413万円の賞金を稼ぎ、ジャパンカップなどG1レースを5勝、すでに名馬として歴史にその名を轟かせている。数億円の馬がターフを駆け巡る時代に、安価といえる数百万円の競走馬がこれほどの実績を残しているのだ。もはや奇跡を超越した存在といえよう。■北島三郎にとって最後のチャンス到来! 1番人...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら