享年57歳の若さで横行結腸がんに侵され永眠した坂口良子の最期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
享年57歳の若さで横行結腸がんに侵され永眠した坂口良子の最期
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 満面の笑顔が女の命運を決めることがある。微笑みがセピア色に変わっても、愛くるしさだけは、いつまでも消え去らない。そんな稀有な女優がいた――。2013(平成25)年3月27日午前3時40分、坂口良子は、横行結腸がんから肺炎を併発し永眠。享年57。 急死直前の3月中旬頃、『週刊女性』が坂口の重病説を初めて報...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら