奇習! 残酷すぎて封印された“過激版・姥捨て山”とは? 老人を生きたまま埋めて殺す「棄老」の風習=九州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 残酷すぎて封印された“過激版・姥捨て山”とは? 老人を生きたまま埋めて殺す「棄老」の風習=九州
【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 古代社会においては、権力者が没すると、その家来や民衆までもが、その死に殉ずる形で埋葬されるという習慣が存在していたが、それは後に埴輪や土偶、中国の兵馬俑のような副葬品に置き換えられることとなった。しかし、この国の一部においては、そうした副葬品ではなく、生きた人間が故人と共に埋葬されるという、にわかに信じがたい儀式が20世紀に入ってからも、ひっそりと続けら...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら