【冤罪疑惑】家族やペットが心配でウソの自白を…本当に心優しき死刑囚・高橋和利! 無実でも死刑“鶴見事件”の衝撃真相とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【冤罪疑惑】家族やペットが心配でウソの自白を…本当に心優しき死刑囚・高橋和利! 無実でも死刑“鶴見事件”の衝撃真相とは?
――人を殺した人と会う。死刑囚の実像に迫るシリーズ【番外編】 8月末、日本弁護士連合会は冤罪を訴え続ける1人の男性死刑囚について、再審請求の支援を決めたことを発表した。その死刑囚は高橋和利、83歳。1988年に横浜市で起きた強盗殺人事件、通称「鶴見事件」の犯人とされてきた男だが、裁判では無実を訴え、2006年に死刑確定後も再審請求を行っていた。にわかに注目を集めた冤罪疑惑死刑囚の実像とは・・・...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら