バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!
 ローマ・カトリック教会がヒト型爬虫類レプティリアンに完全に支配されている動かぬ証拠が発見された。なんと、バチカンの重要建造物にレプティリアンを象徴するデザインが多数隠されていたというのだ! 今回問題となっている建造物はバチカン市内にある「パウロ6世記念堂ホール」である。その名からも分かる通り、第262代ローマ教皇パウロ6世が在位していた1971年に建造された。イタリアの大建築家ピエール・...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら