ピロリ除菌で使われる胃薬PPIで、実は胃がんリスクが上昇するという矛盾! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピロリ除菌で使われる胃薬PPIで、実は胃がんリスクが上昇するという矛盾! 
【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】 胃がんの原因として知られているヘリコバクター・ピロリ菌(H. pylori)を除菌した後であっても、胃痛や胸焼けの治療に用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期的に使用すると胃がんリスクが上昇する可能性があることを示した研究結果が「Gut」10月31日オンライン版に掲載された。 ピロリ菌を除菌した...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら