奇習! 全裸の集落 ― 日本海側で暮らしていた“裸族”の実態、どこから来て何をしていた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奇習! 全裸の集落 ― 日本海側で暮らしていた“裸族”の実態、どこから来て何をしていた?
【日本奇習紀行シリーズ】 日本海側 江戸時代の大黒屋光太夫や、幕末期のジョン万次郎がそうであったように、ひょんなことから漂流し、異国へと流れ着く人々というのは、世界各国、いつの時代にも少なからず存在しているが、実はこの国にも、異国より辿り着いた人々がそのまま定住し、不思議な習慣を持ち込みつつ、子々孫々にわたって自らの血と習慣を受け継いできたケースがあるという。「まあ、とにかく奇妙な連...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら