“電波オークションの闇”の実態は嵐・櫻井翔の起用で証明されていた! 総務省とテレビ局の醜い陰謀とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“電波オークションの闇”の実態は嵐・櫻井翔の起用で証明されていた! 総務省とテレビ局の醜い陰謀とは?
 電波の利用権を競争入札にかける「電波オークション」を巡って、テレビ局は蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。これまでテレビ局がもっとも“忖度”してきたのは時の政権ではなく電波を管轄する総務省、というのはテレビ人の間では有名な話だ。その代表例が、父親が総務省官僚だった嵐・櫻井翔のニュースキャスター登用であり、こんなことを続けていたらとても国民の理解は得られないだろう。 政府の規制改革推進...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら