【展示情報】澁澤龍彦没後30年! エロティシズム、魔術、両性具有…異端文化のカリスマの創作現場を公開『澁澤龍彦ドラコニアの地平』展が強すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【展示情報】澁澤龍彦没後30年! エロティシズム、魔術、両性具有…異端文化のカリスマの創作現場を公開『澁澤龍彦ドラコニアの地平』展が強すぎる!
 東京・世田谷文学館で『澁澤龍彦 ドラコニアの地平』展(2017年12月17日まで)が開催中である。 フランス文学者・澁澤龍彦は、1960年代から日本アングラ文化を支えるカリスマとして君臨し、翻訳、評論、エッセー、小説と多岐にわたる執筆活動を展開してきた。当時の日本ではまったく未知であったヨーロッパの異端文学・芸術を精力的に紹介し、エロティシズム、魔術、迷宮、怪物、両性具有など、澁澤の著...

    今月のフォト

    【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら