【悲報】英紙『エコノミスト2018』の表紙が“日本沈没と核戦争とイルミナティ支配”を予言! “不吉な暗示63”を一挙掲載!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

economist_04.jpg
画像は「Infinity Explorers」より引用

 それにしてもエコノミストはなぜピクトグラムを採用したのだろうか? もとより、ピクトグラムは言語に制約されずに内容の伝達を直感的に行う目的で使用されてきたものであり、日本では東京オリンピックの頃より、外国語によるコミュニケーションが難しい外国人のために使用され始めた。今回エコノミストがピクトグラムを採用した理由も、ピクトグラムの持つ普遍性を期待してのことだろう。しかし、どうしてそんな回りくどいことをエコノミストは試みたのだろうか? ここで思い起こされるのが、世界の統一を目論む秘密結社「イルミナティ」と、彼らの悲願である「新世界秩序(NWO)」である。おそらく、今回の表紙に描かれていることは彼らの来年のアジェンダ(行動計画)であり、それを普遍的なピクトグラムで世界中に告知したということなのではないだろうか?

economist2018_03.jpg
画像は「reddit」より引用

 恐ろしいことに、過去にはエコノミストの表紙で予言されたことが、完全に実現した例もあるのだ。たとえば、1988年の表紙を見て欲しい。紙の紙幣が燃える中、どこか見覚えるのある硬貨が真ん中に描かれており、それには2018とはっきりと記されている。まるで30年も前に昨今のビットコインの隆盛を完全に見抜いていたかのような印象を受けるが、実のところ、彼らの計画が実現したと言った方が正確かもしれない……。

 今後、識者の意見を交えてより詳細かつ具体的な分析結果を報じる予定だが、ざっと表紙を見ただけでも来年は今年以上に波乱の年になりそうな予感だ。不安定な世界の行く末を見極めるためにも、ぜひとも続報も合わせて読んでいただきたい。
(編集部)


参考:「The Economist」、「reddit」、ほか

pickup

人気記事ランキング

コメント

10:匿名

旭日旗であつことから、朝日という解釈があってる気がします。

失われた20年から立て直しつつあるという印象をデザインした人は持っているように感じました。

2017年12月18日 21:39 | 返信
9:匿名

経済誌の内容などは理解できず、表紙だけ注目しているTOCANAが痛い。

2017年12月16日 22:12 | 返信
8:匿名

勝手な妄想で、潜在意識に不幸や恐怖を刷り込むの辞めてくれない?

2017年12月16日 21:57 | 返信
7:匿名

人食いバクテリアのイルミナティカード
空から撒くケムトレイルのイルミナティカード
ビットコインらしきイルミナティカード

は、確認できた

日本は沈没もうしてるだろw

2017年12月16日 03:20 | 返信
6:匿名

わざわざ一般紙を会報代わりにつかうのだろうか?秘密裏に方針を決める会議を行えるなら、結果の通知だって会議でできるし、会議開催通知と同じ通信方法で秘密裏に伝えられるだろうに

2017年12月15日 23:55 | 返信
5:匿名

エコノミストと言う中二病が適当に妄想した戯言をどう信じろと?
説得力0過ぎる

2017年12月15日 23:00 | 返信
4:匿名

半分になった「朝日新聞」だよ。
慰安婦の件が捏造記事だったことは認めてはいるものの謝罪はしていない。
いつまでたっても捏造記事で日本を悪者だと誤解させるような記事を書いたことを謝罪しないため、世間から見放されるんだよ。

2017年12月15日 22:39 | 返信
3:匿名

旭って”あさひ”って読むんだけど・・・どう解釈したら日の入りになるのか、記事書いたのアジア系外国人記者なんですかね・・・?
例えば旭川とか地名見ても読めないってことは少なくとも日本ではなく、感じの意味を知らないということは中国系ではないかと思うのですが。。。

2017年12月15日 21:57 | 返信
2:匿名

旭って”あさひ”って読むんだけど・・・どう解釈したら日の入りになるのか、記事書いたのアジア系外国人記者なんですかね・・・?
例えば旭川とか地名見ても読めないってことは少なくとも日本ではなく、感じの意味を知らないということは中国系ではないかと思うのですが。。。

2017年12月15日 21:57 | 返信
1:匿名

で、エコノミストの表紙作ってる奴に何か特殊な能力があるわけ?

2017年12月15日 19:21 | 返信

コメントする

お名前
コメント
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

写真投稿

写真の投稿はこちら